So-net無料ブログ作成
検索選択

香川真司、シュツットガルト戦で先制ゴールで高原直泰の日本人欧州記録更新! [ニュース]



香川真司選手が、30日におこなわれたブンデスリーガ28節のシュツットガルト戦で、

前半33分ごろに先制のゴールを決めました。
ゴールは、流れの中で左からのセンターリングをゴール前で見方の5番が胸でトラップ

落ちたボールをゴール前にいた香川がけり込んでのゴールでした。

ドムトムンとは流れの中での攻撃陣が厚いですよね。

この時もかなりの人数がゴール前にいました。

これで香川は12ゴール目。

これまでの欧州の日本人のシーズン最多ゴールは、

今シーズンの香川と2006-07シーズンの高原直泰11ゴールでした。

これであっさりと更新したことになります。

フォワードじゃないんですけれどもね。

香川は契約更新のオファーがあったばかりですよね。

年俸も1億6千万から倍くらいの提示らしいです。

ドムトムントと違ったビッククラブでも見てみたい気がしますけれど、

ドムトムントとの蜜月時代が続いている間は、

ここにいてもいい気がします。

何よりファンが熱いのがうらやましいです。

8万人のスタジアムが満杯になるんですからね。




タグ:香川真司
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 最新ニュースお届け隊 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。